相談のコツ

1.まずは、ざっくばらんにお話しください。
弁護士高瀬の場合は、まずはざっくばらんに、順番やポイントを気にせず全てお話しください。
その中で、弁護士が事案解決のポイントを発見して、事案解決に必要なことを整理して弁護士からご質問いたします。
従って、基本的には何でもお気軽に話したいようにお話ししてください。
弁護士高瀬がご相談者の話したいことを整理しながら導き出します。
2.不利と思われることもお話しください。
弁護士がつっこんだ質問をさせていただきますが、それは全ての事情を聞いた上で法的構成を考えた方が、結果として紛争を依頼者の有利に解決できることも多くあります。相談者を非難しようなどいう意図では全くありません。
3.「どうしたいのか」「何をしたいのか」を先に伝えていただくこともポイントです。
こんなことを言って大丈夫?など気にせず、ご相談者様の会社の最終的なご要望を最初にお話しください。解決のポイントをより早く発見することができ、スムーズにご相談を進めることができます。
4.関係ありそうな書類はすべてご提示ください。
過去の事について記憶が不正確なところもあります。書類は、記憶を呼び起こすことにも役立ちます。
顧問弁護士をご検討の企業様、まずはお気軽にお問合せください。当事務所の弁護士スタッフが直接対応させていただきます。

PAGE TOP