社外監査役員の一人として半年に1度訪問し、
お客様のサポートをいたします。

  1. しっかりと経営状況をヒアリング
    経営上法律面でのお困りのことから、法律面かどうか判別できないお困りのことまで、
    ご遠慮なくご相談ください。ざっくばらんにお聞きし、その中で必要と思われる資料を確認いたします。
  2. 問題点の洗い出し
    問題点や改善点をご助言、指摘させていただきます。
    必要であれば、取締役会議に出席もさせていただきます。
御社に監査役が就任したのと同等の効果が得られます。
通常の顧問サービスもありますので,攻めと安全を両立させたコンプライアンス経営も万全です。

中小企業を予期せぬ紛争からきめ細やかに守ります。

顧問内容

契約書チェック 契約書作成

契約書に捺印する前に顧問弁護士によるリーガルチェックをすることで会社が守られます。

海外対応

英文契約書の翻訳・作成・チェックもお任せください。顧問弁護士により海外との取引も安心して取引ができます。

契約上のトラブル

取引先やお客様との契約トラブルが起きても顧問弁護士により、芽が小さいうちに摘むことができます。

債権回収

債権には「時効」があります。
弁護士により確実な回収ができます。

従業員と雇用問題

社内の問題は、会社の管理責任が問われます。弁護士により、経営者と従業員の両者が守られます。

会社訪問

6か月に1度,直接訪問して当事務所から積極的に改善点や問題点をご助言いたします。 直接監査役が就任しているのと同等の効果が得られます。

その他

下請法やM&Aにも対応しております。

特に製造業関連の契約書については経験豊富。

もちろん、製造業以外の業種に関連する契約書についても十分に対応可能です。

専門性の高い契約書にも対応

契約書の種類としては、業務委託契約書、秘密保持契約書、OEM契約書、ライセンス契約書、販売代理店契約書、システム開発委託契約書、共同開発研究契約書等、専門性の高い契約書にも対応可能である点が当事務所の最大の特徴です。

契約書トラブルを未然に防ぐためのセミナーも開催!

契約書のチェックを依頼されて契約書をみると、市販の契約書のひな形をそのままとか、ほとんど同じというものをよく見かけます。
しかし、市販の契約書は、使おうとする企業の存在や企業が現実に行う具体的な取引を前提として作られたものではないため、市販の契約書を少し変えただけの重要な局面で全く機能しません。
その結果、契約書の内容を巡ってトラブルが発生するのです。
当事務所代表弁護士は、企業様向けに契約書に関するセミナーを各地で行っています。
高瀬法律事務所 高瀬法律事務所

海外取引の対応

海外取引先との英文契約書のチェックや海外取引先とのトラブルにも対応。

海外取引に関する契約書についても欧州圏内やアジア圏内について一部対応可能です。
(詳細はお問い合わせください。)

契約上のトラブル

契約を巡るトラブル解決にはスピードが大切。

契約書を法的にしっかりと作成しても、契約書通りに約束が守らなければトラブルに発展します。
当事務所はそのような契約書を巡るトラブルにも臨機応変にスピーディに対応しております。

債権回収

法の力で債権も回収。

売掛金や請負代金などが滞っているにもかかわらず誠実に対応してもらえず、金額の大小や取引上の力関係が原因で未回収のまま長期間放置されているケースも少なくありません。
当事務所は中小企業の経営の実態を知っているがゆえに、相手企業の弱みを即座に把握し適時最適な手段を講ずることで、売掛金や請負代金をスピーディに、しかも低コストで回収します。 
高瀬法律事務所

従業員雇用のトラブル

企業側が理不尽な損失を被らないようにサポート。

最近は非常に多くなってきましたが、未払い賃金、残業代、退職金などの請求。
また、試用期間中、試用期間後に正社員となった後も含め、解雇の無効が争われることも珍しくありません。
当事務所はこれまで専ら企業側に立って(元)従業員からの残業代請求、解雇無効請求等に対応し、
企業側が理不尽な損失を被らないようサポートしてきました。

従業員雇用のトラブル

6か月に1度,直接訪問。

6か月に一度、当事務所から積極的に改善点や問題点を助言いたします。
直接監査役が就任しているのと同等の効果が得られます。
気軽に相談していただけます。
上記サービスのご利用がない月でも顧問契約なら安心!
その他、個人相談については、高瀬総合総合法律事務所のサイトをご覧ください。
http://takase-law.com/
顧問弁護士をご検討の企業様、まずはお気軽にお問合せください。当事務所の弁護士スタッフが直接対応させていただきます。

PAGE TOP